自然体でのびやかにゆったり暮らせる平屋風の家
栃木市O様邸は周辺はのどかな田園風景がひろがる恵まれた環境にあります。
O様ご夫婦はご主人のご実家が農家だったことや奥様もNPOに参加して農家を経験したこともあり
土と触れ合い、自然体で暮らせる家をご希望されました。
弊社としては、天井を勾配天井梁現わしにして、出来るだけ木組みを見せて、
洗練さよりもラフさを前面に出し、ダイナミックな野性味が出るような家を
ご提案させていただきました、
天気のよい日には薪割りや畑を耕し、雨の日には薪スト-ブのゆらめく炎を
眺めながら本を読んだり、家族と語らいながら暮らす、自然体を大切にした
四季を感じられる住まいになったと思います。


      恵まれた環境の中にある             珍しい変木使った床の間の幕板  洗面カウンタ-のサイド収納  キッチンカウンタ―横収納     深い軒の出とウッドデッキ

 

 
木組みが見える勾配天井                       薪スト-ブがあるリビング、一見平屋のような2階                      和室と一体になったリビング

  
ラフさを出した節フロ-リング                   欅尺角大黒柱                              戸を閉めると書斎コ-ナ-になる

 
二階子供室                        洗面室&ユ-ティリティ                  シンプルな一見平屋風の外観