凛とした心地よさが宿る家
最初、小山市O様ご夫婦の奥様からお電話をいただき、日本旅館風の家を創りたいとのお話をいただきました。
ご主人は小山に来る前、板前さんをやっていらしたとのことです。
そこで弊社がご提案したのが、玄関回りの外壁を板張りにして、下屋を下ろし、
ちょっと小粋な割烹旅館風のイメ-ジにする。
室内は漆喰をメインにし、純白の天井、壁に無垢の木が浮き上がるようして清潔感を出すでした。
凛とした清々しさが程よい緊張感を醸し出す、粋なお家になったと思います。

    
割烹旅館風のエントランス     和室の中棚下の明り取りが粋   落ち着いた雰囲気のダイニング  旅館気分が味わえる檜張りの浴室   2Fホ-ルから見た大黒柱

     
      吹き抜け空間                                                                漆喰の純白さが際立つ                                 シュ-ズクロ-ク

  
開放感溢れる吹き抜け                                                         子供室の小窓 LDと会話が出来る                                                   お施主様こだわりの笠間焼の手洗い器

  
     大黒柱とキッチンカウンタ-                                                                 将来を考えたご両親用の和室                                       洗面カウンタ-と収納たっぷり、内干しが出来る家事室

  
和を感じるご夫婦の寝室、内障子を採用                                                         粋な腰板張り                                                               割烹風の外観