町屋といえば、粋な暖簾に通り土間、格子戸となりますが、
この家は伝統的な和心が伝わってくる暖簾の似合う家です。
一歩中に入ると、玄関ホ-ルがのれんのかかる通り土間風通路と格子戸があるリビング入り口に分かれ、町屋風の雰囲気が広がります。
そしてリビングに入ると正面に小上がり和室があり、古民家で使われていて、再生利用した千本格子が新しさの中に「しぶさ」を感じさせます。
粋な暖簾、千本格子と真新しい純白の漆喰壁ガコラボして、居心地の良い空間に仕上がっています。