性能を競うようにC値・Ua値など数値をアピ-ルする会社がありますが
住み心地と性能数値とは必ずしも連動しないとの研究結果が出ていますので
ここでご紹介します。

体感温度
寒さと暑さを感じる感覚は室内温度ではない。
木のベンチは快適だけど、鉄のベンチはおしりが冷たい
同じ温度なのに体感温度が全く違う、
私たちが感じる「暖かい」・「寒い」という体感は温度に反応するのではなくて
自分たちの体温がいかに早く移動したかによって決まる。
この不思議なメカニズムを「体感原理」と呼ぶ

気化熱
湿度が高い部屋のほうが暑い
同じ温度でも湿度が低い部屋のほうが涼しい
洗濯物でも、湿度が40%の部屋と湿度80%の部屋では
洗濯物が速く乾くし、汗も湿度40%の部屋のほうが蒸発が早いので涼しく感じる。

気流
冬、風の強い日はとても寒く、風のない日は暖かい。同じ温度なのにどうして?
空気が動いて皮膚にあたると皮膚の表面から熱が空気とともに移動します、
これが気流です。風は熱の移動を早くする働きをするの、同じ気温でも風が強いと寒く感じる。

輻射熱
体感温度を計算してみると、日常感じる体感の原因がわかる!
たとえば夏の暑い日、気温が同じでも周囲にあるものの表面温度が違えば、体感は変わる
夏にトンネルの中を歩くと涼しいがトレは冷えているのではなく、トンネルの壁の温度が低い
トンネルの壁に体温がスっと奪われるため、涼しいと感じる。

夏場、街中ノアスファルト道路の表面温度は60度。
輻射熱が直接自分に当たるので猛烈に暑く感じる。
夏に家が暑いのは、サッシや一度入った表面温度が熱い
物にしみこんだ熱は抜けにくい、
直射日光が当たった夏場のテラスの杉板は55度にもなる。窓ガラスは36度にもなる。